清水の町並み
T設計室がある清水の街を散歩してみると、趣ぶかい建築物が多く残っている。
ノスタルジックな昭和を連想させるような古い木造建築や、昔から続いている小さな老舗屋さん、
蔵などがまだそこらかしこに見られます。

昨日は「清水の次郎長」の生家に足を運びました。
次郎長の生家では当時の生活空間をそのまま残し、次郎長の遺品の数々をはじめ
写真やパネルで次郎長に関する情報がたくさん展示してあります。(左:生家の裏口/右:表口の土間)

私の実家は昔、糸屋だったのですが、お客さんが来ると祖母は土間の椅子に腰掛け
ご近所の雑談や取引をしていた光景を思い出しました。
ずっと残していきたい「日本の光景」です。

f0192926_9264749.jpgf0192926_927027.jpg

毎年清水の夏は『清水みなと祭り』の次郎長道中。次郎長と28人衆がまちの中を音頭にあわせて
踊り歩くという、仁義ありたん嘩あり抜刀の披露ありと市民に最も愛される夏の風物詩の様ですよ。

--------------------------------------------------------------------------------
>>T設計室一級建築士事務のHPはこちら
何かご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい◎
電話でのお問い合わせ054−354−0182

□T設計室は毎月、建築相談セミナーを開催しています。
次回は4月19日(日) 静岡グランシップ 905会議室 会場1時 1時半から3時
参加希望の方はお気軽にお問い合わせください。→問い合わせはこちら

今年は牛年です。
『牛はゆっくり牛歩でもよい 牛は着実に千里の道も 必ず踏破する』

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・楽しい家づくり
来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。


[PR]
by k-sanpo | 2009-04-10 09:30 | 静岡の建築
<< 振り袖 桜の絨毯 >>