タグ:日本の建築 ( 6 ) タグの人気記事
京都名建築 「聴竹居」と「四君子苑」見学①
京都の数寄者の名工 北村捨次郎が手掛けた「四君子苑」が春の特別公開に、
合わせて藤井厚二が手掛けた「聴竹居」の名建築を見にT設計室で
昨日京都へ行ってきました。

ここのところ変な天気で前後雨に囲まれていましたが、
ありがたいことに、昨日は雲一つない晴天。
普段のおこないでしょうか。 (失礼致しました。)
雨が全てをさらって新緑が息をのむほど綺麗でした。

f0192926_13144272.jpg
「聴竹居」は昭和3年に藤井厚二に建てられた実験住宅です。
当の本人は実験などとは思ってはいないでしょうが、家の設計から
家具から時計からすべて自身のデザインで設計されていました。細かい。
※残念ながら写真は掲載してはいけないというお約束なのであしからず。。泣
お庭にいた鳥の写真でご勘弁を。

「日本にあった住宅」を勉強していた藤井さんの、細かな設計と家の工夫は、
当時ではとても最先端なもので、昭和3年といえば82年前ですがかなりモダン、
ブルーノ・タウトが見学に訪れたと記述されていますが、おかげで
理解が難しく同時はあまり注目されなかったそうです。

当時にはかなりハイテクな、オール電化住宅で
氷の冷蔵庫の時代にも関わらず電気の冷蔵庫がはめ込まれていました。
スイス製の冷蔵庫を取り寄せ、船が遅れ家の竣工が「冷蔵庫待ち」だったという逸話も。

実験住宅5棟のうち唯一残っている住宅ですが
指定文化財に登録されれば府が管理してくれますが、
されていなのでボランティアの方が管理しています。
突然「ウィーンウィーン」と庭の大木をチェーンソーで切り始めました。
この生い茂った木々も聴竹居の景色のひとつなのでは!
そんなに簡単に切っていいのかしら・・・
聞いてみると、住宅が建った時の植栽は当時植えた1本の紅葉だけ。
今では鳥が運んで芽吹いた木々たちに覆われ
綺麗なようだけど、あまりに木に覆われると風が運ばれず
木が腐ったりさまざまな弊害が出てくるので、適度に木ってあげないと
保てないんだよと教えてくれました。


京都は盆地で夏ずいぶん厚くなりますから、夏の建物ですね。
家の中はずいぶん涼しい。というか寒い!
1mの庇が、夏の強い日差しを遮ります。地下の土管に繋がる
地面の涼しい風を取り入れる地下の筒は冷たい風を家に運びます。
パッシブな家でした。
一刻も早く指定文化財になって管理でずっと残していきたい建物だと思います。

長くなったので四君子苑は改めて記事にします。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

T設計室一級建築士事務所ホームページ

建築家が建て主のパートナーとなり職人とつくる家づくり・分離発注方式
◇毎週末木の家無料相談会開催しています。
>>その他イベント情報はこちら

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記
静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

●静岡県の建築設計事務所
T設計室一級建築士事務所の設計活動範囲 現場まで自動車2時間の範囲ならOK!
静岡県・静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市
・岡部町・大井川町・吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・
浜松市(北区・西区・中区・南区)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by k-sanpo | 2010-04-26 11:59 | 日本の建築
たこ山の滑り台
なぜ全国の公園にたこの滑り台があるのか!イカではだめなのか。
しかも同じたこさんを見たことがない。
急に気になってしまったので、ネットで調べてみました。

見た目もかわいく、名前もチャーミングで、なによりくねくねして面白い。
そもそも40年前からつくられているらしいですが、
前田環境美術さんがつくり始めたそうです。

たこ山の由来を綴ったお話がHPにのっていました。
タコ山のすべり台の意外なエピソード

彫刻家がつくっていたんですね~。
通りで一つとして同じたこはなく
面白かったんですね。納得しました。
こんなページもみつけました。巡ってみてはいかがでしょうか◎
全国「タコの山」設置リスト

--------------------------------------------------------------------------------
T設計室一級建築士事務所携帯サイトはこちらから
携帯サイトはこちらから
電話でのお問い合わせ054−354−0182
まず問い合わせてみるその勇気

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。
2月15日グランシップ906号室にて1時より住宅相談セミナーです。
詳しくはこちらをご覧下さい
今年は牛年です。
『牛はゆっくり牛歩でもよい 牛は着実に千里の道も 必ず踏破する』

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・・楽しい家づくり
来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。
[PR]
by k-sanpo | 2009-01-30 11:38 |  ・日常茶飯事
天竜伐採見学会で学んだ事
少しご報告が遅れましたが12月20日に参加した天竜伐採見学会で学んだ事のご報告です。

今回の参加が2回目の伐採見学会でしたが、
伐採日和に恵まれ、静岡県浜松市天竜区の「ヤマタケの蔵」に訪れました。
f0192926_9424495.jpg



f0192926_9494046.jpgf0192926_9495893.jpg
f0192926_950321.jpgf0192926_9504553.jpg
f0192926_0363562.jpg

大正時代の座敷蔵「ヤマタケの蔵」 
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1163


山に入り、木こりさん、木材屋さんから色々なお話を聞かせていただきました。
木には「伐り旬」という、一年の中で木を伐る期間があること、
春から夏は木が育つ時期であり、水を吸い上げ虫が付きやすくなる。
この時期を避けた8月後半〜2月頃が「伐り旬」と言われています。
f0192926_035339.jpg


またその中でも、『新月伐採』というものがあり
冬季の下弦〜新月の間に伐った木は「カビにくい」「虫がつきにくい」「割れにくい」
そうです。 同じ時期に植林し同じ年月を経た木なのに、月の引力が大きく関わり
伐る時期によりこんなにも違いが出るのだと驚きました。自然は偉大です。


f0192926_0355211.jpg

お話の中でハッとした事は、80年前は伐採した木をどのように山から運んでいたのかということ。
道も今のように舗装されていない山から、ソリでおろす、人が担いでおろす、川の水を使って
おろしていたと教えていただきました。考えてもみなかった事に
私がこの樹齢80年の木に触れるまでにある、植林し山を守ってきた大変さ、
長い年月と手間と苦労と、今回のその木を伐るという大変貴重な体験をさせて頂けた事に感謝しました。

杉と檜の見分け方を教わり少し見分けがつく様になりました。
f0192926_11195942.jpgf0192926_11203034.jpg
↑杉                                 ↑檜
.....................................................................................................
T設計室一級建築士事務所
携帯サイトはこちらから
電話でのお問い合わせ:054-354-0182
メールでのお問い合わせ:t@tsekkei.net

T設計室の建築相談セミナー←毎月やってます。日程をご覧ください。
1月18日グランシップ905号室にて1時より住宅相談セミナーです。
詳しくはこちらをご覧下さい
今年は牛年です。
『牛はゆっくり牛歩でもよい
牛は着実に千里の道も
必ず踏破する』

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・・楽しい家づくり来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記
静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。
[PR]
by k-sanpo | 2009-01-06 21:54 | 伐採見学会
沖縄旅行その3
そういえば、島袋さんが「沖縄の人は寒がりだから冬はコタツに入りますよ。」
と言っていた。その光景もいつか見てみたい。

さて、沖縄旅行最終日は神の島、「久高島」へ訪れた。
久高島は、世界遺産の斎場御獄より望む島の遠景で沖縄県知念村にある離島、島全体で一字を形成しています。
周囲約8キロメートル。南北に細長く、島の北側は神の領域、集落は南端のわずかな所に集中しています。
琉球の祖神アマミキヨが初めて降り立った場所、そして、五穀が初めてもたらされた場所とされ、
数多くの神話が祭りの中で伝えられています。

f0192926_0584654.jpg
f0192926_0593441.jpgf0192926_05948100.jpg f0192926_103584.jpg


f0192926_105032.jpg


ひたすらレンタル自転車で走った。
東海岸側沿いにつづく一本道を北へと向かったが、すれ違うのは、観光客ばかり。
島の人にはほとんど出会わない。不思議な感覚、本当に肌で感じる空気が違う。
何と言えばいいのか、その時の空気を言葉では説明できない。神の領域という一言である。

道の先は最も神聖な場所へと続いていた。
立ち入るではない、とどこかから聞こえてきそうで少し鳥肌が立ちそうだ。

沖縄だー!という旅行スタンスで行ってしまった自分の気持ちが
島を汚してしまうんではないかと、申し訳ない気持ちで一杯になった。

f0192926_10191923.jpg
f0192926_10194656.jpgf0192926_10195756.jpg

久高島には自然しかないような紹介になってしまったが、自然そのものが信仰の対象であり、
自然、祖先への祈り、感謝が日常のごとく行われている。もっともっと沢山の見所がある。
しかし、観光地化してしまうのは絶対に避けたい。ずっとずっとこの島を守って生きたいと思う。
エメラルドグリーンの海はこの神聖な島を守っている様だった。


私が初めて沖縄に来たのは3年前の3月はじめ小雨が降っていた。
友達と行ったがお互い車の運転が出来ず、国際通りをうろうろしほぼ「お土産の旅」になってしまった。
それでも楽しかったが、沖縄通の人に出会うと「何しにいったんだ!」と怒られる。
2回目の今回は少しは沖縄を知ることが出来たと思う。

どこに行っても緑が濃く、生い々しく茂りエネルギーに満ちていて、赤やピンクの色が鮮やかに
心が優しくなる。どうかずっと強く優しい国であってほしい。
[PR]
by k-sanpo | 2008-12-03 21:47 | ・旅
沖縄旅行その2
沖縄旅行2日目は世界遺産「今帰仁村城跡(なきじんむらぐすくあと)」へ向かった。
写真を見るとどこか海外のようである。
なんといっても沖縄は地名の読み方が独特で、道を走っていてもたいていの地名は読めない。
今帰仁村城はかつて、攻めても倒せないといわれた強硬な城だった様で
その石積みが風景を造り、石のはずなのにとてもやわらかい雰囲気。

最初に見える平朗門を抜けると両脇に緋寒桜の木が並んでおり、
どうやら1月中旬頃には満開になり、城がライトアップされ皆が訪れるらしい。
目線の位置に咲き乱れる道はさぞきれいなはずと思いをはせながら、また来れる事を願う。

馬調教の場、女性達が炊事をしていた場、住居があった場、崇拝の場、
それぞれがなだらかに分かれており、特に住居があった場からの眺めは息を呑みます。

f0192926_1391215.jpgf0192926_11541485.jpg
f0192926_11543578.jpg


今帰仁城跡の近くにある象設計集団設計の今帰仁中央公民館を見学する。
摩訶不思議な公民館であるが、ブーゲンビレアのピンクがよく似合う。
屋根にブーゲンビレアが上っていく予定だったらしいがうまくない。

f0192926_1329213.jpg
f0192926_13294196.jpgf0192926_1329589.jpg


沖縄は猫ものんびり気持ちよさそうで、寝ているのは公民館の日時計のど真ん中。
これぞ沖縄時間なのだ。

f0192926_13382534.jpg


東シナ海側から太平洋側へ抜け、東村にある慶佐次(げさし)ヒルギ林のマングローブでカヌーに挑戦。
初挑戦にて海ぽちゃしないか心配だったが、漕ぎ方のレクチャーを受けた後
漕ぎ出したら意外にいける。海水をごくごく飲んでいるかの様に
ヤエヤマヒルギが無数の根っこを伸ばし、そこにはミナミトビハゼ、カニ
マングローブの生き物が静かに過している。

海側と川側(海水と淡水)では植物が違ってくる。どうやら水に含む塩の量で育つ植物が違うそう。
また、ヒルギの足のような根っこは倒れない様にバランスもとっているとか笑
やんばる自然塾の島袋さんにいろんな質問をしながらマングローブを堪能。
あ〜楽しか...

「さー!海へ行きましょう!」

!!漕ぎ慣れたところで太平洋へといくらしい!
急な大海原旅行。波が!ナミガ~!岩にざぼんざぼんと打ちつける。

「さー!この岩と岩の間を抜けましょう!」

ひひー!まるで試験である。下には岩がごつごつしており、そこにはまると座礁する。
是非この大海原旅行を写真に納めたかったが、落とす&びしゃびしゃになる可能性が、、
とのことでなくなく諦めたカメラ。大正解であった。

f0192926_0164484.jpgf0192926_0165766.jpg

お世話になった真っ黒に焼けた島袋さんありがとうございます。
最後には家庭のお菓子サーターアンダギー、
パイナップル、スターフルーツ等でおもてなしいただき
最後には三線での「おじー自慢のオリオンビール♪」生演奏で見送っていただいた。
沖縄の人たちの温かさに触れた忘れられない1日となった。
[PR]
by k-sanpo | 2008-12-03 11:54 | ・旅
沖縄旅行その1
11月の連休ではありますが、沖縄に旅立ちました。
当初は上高地の予定が、シーズンオフに入ってしまったため急遽沖縄へ変更。

幸運にも最高の天気。冬から夏へのタイムスリップに戸惑う。気候は25度ほど。
ダウンジャケットから一気にTシャツへ。
一番に降り立ったのは那覇の「首里金武町の石畳」。
16世紀王朝のころに造られた琉球石灰石そ敷き詰めた石畳の坂です。
少し急な部分もあり息切れしながらも、両脇にある赤瓦の家が沖縄を感じさせます。

f0192926_10431239.jpg
f0192926_10434362.jpgf0192926_10441739.jpgf0192926_10455656.jpg


お腹が減っては戦ができぬ、と早速「沖縄すば(そば)」をいただく。
「御殿山(うどぅんやま)」は築130年の家。夏の台風40~60mにも絶えており
コンクリートではない木造の創りは風情がある。晴天の中の沖縄すばは美味しい。
なおお肌にも美味しい。

f0192926_1152887.jpg
f0192926_11102731.jpg


一度行ってみたかった本島北部「ちゅら海水族館」は海の本場!と言わんばかりに魚の種類が半端ない。
なんといっても海に面しているため、天然の海水と光の中の魚達はゆっくりのんびり、忙しさなど知らないようである。

f0192926_11214286.jpg
f0192926_11404215.jpgf0192926_11141690.jpg
f0192926_11142646.jpg

ちゅら海水族館の少し北にある、フクギの大木を防風林に使っている集落は
独特な雰囲気を醸し出していて、そこをぬけた「備瀬崎」という海で
素晴らしい風景に出会った。とにかくどこに行っても景色が壮大である。
[PR]
by k-sanpo | 2008-12-03 10:45 | ・旅