タグ:旅 ( 9 ) タグの人気記事
京都名建築 「聴竹居」と「四君子苑」見学②
4月末の京都建築めぐり。「竹聴居」につづき
出遅れましたが、四君子苑をお届けします。


f0192926_1549457.jpg
年に2度(春と秋)、公開期間がたったの1週間という貴重な機会。
建物は、昭和19年、棟梁・北村捨次郎のもとに数奇屋が構えられて、
佐野越守氏により庭が整えられ、その後昭和38年、建築家・吉田五十八が
内玄関以下の住居部分を増築して概ね現況の姿を現したもののようです。

表門を入ると、すぅーと姿勢が良くなる気がします。


f0192926_15503882.jpgf0192926_15353736.jpg
f0192926_15342988.jpgf0192926_15524591.jpg

↑竹穂を垂らした稲穂垣という珍しい垣で囲まれた玄関。
ゲゲゲの鬼太郎の傘化けを思い出すような静けさです。
床石の大胆な意匠にドキドキ、スーと茶苑の玄関向こうに佇む緑と灯篭に、
心奪われ、現時点でノックアウトです。


f0192926_15554759.jpgf0192926_15562642.jpg

↑立礼席、渡り廊下を抜けると小間(茶室)につながります。
茶室を締め切って茶事をするのではなく、緑や水、自然を楽しみながら
茶事ができるようにと、小間からは美しい広縁があります。月見窓もありました。
手すりの意匠や、素材の使い方、勉強不足ではありますが
すばらしさに見とれます。匠の心の結晶が66年経った今でも
そのまま伝わってきます。


f0192926_15551355.jpg

↑ぽっと広間に抜けました。季節によって装いを変える広間は
今は夏の衣装。秋は障子に替わり冬の装いへと衣替えします。
紅葉した景色もさぞ綺麗だろうな・・・・とすでに私の心は秋の景色へタイムスリップ。

建具を閉めていただきました。余分な光が遮られ、さらに緑の美しさが際立ち
奥ゆかしく、不思議です。


f0192926_15582722.jpg

↑吉田五十八が増築した住居部分の居間から見える庭です。
先ほどまでの北村捨次郎の数寄屋と同じ庭を角度を変えて
眺めていますが、全く違う庭に見えるのに驚きました。
こちらは天井と開口の背が高いので、植栽のてっぺんまで見えます。
反対に数寄屋は景色を切り取るように、庭を見せています。
薄暗いなかに、ぽっと緑を切り取り心をくすぐられる感じです。


f0192926_15584546.jpg

↑広間は京都の送り火大文字を借景に取り入れます。
生垣の向こうにちょこっと山が見えますが、大!と刻まれています。
しかも正客の目線からでしか見えない大。同じ部屋にいても
一番の上座(その茶席での主賓)だけしか見ることのできない
とくべつなビューなわけです。

こんな感じで、行く前の想像を1000倍以上上回る、空気と
匠の意匠と精神は写真や私のつたない言葉では全く伝わりません!
改めて日本の心は素晴らしいなぁと思います。
死ぬまでに1度は行くべき名建築です。
ぜひ、足を運んで肌で感じでください。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

T設計室一級建築士事務所のHPへ!!>>

建築家が建て主のパートナーとなり職人とつくる家づくり・分離発注方式
◇毎週末木の家無料相談会開催しています。
>>その他イベント情報はこちら

>>静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

●静岡県の建築設計事務所
T設計室一級建築士事務所の設計活動範囲 現場まで自動車2時間の範囲ならOK!
静岡県・静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市
・岡部町・大井川町・吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・
浜松市(北区・西区・中区・南区)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by k-sanpo | 2010-05-07 15:23
京都名建築 「聴竹居」と「四君子苑」見学①
京都の数寄者の名工 北村捨次郎が手掛けた「四君子苑」が春の特別公開に、
合わせて藤井厚二が手掛けた「聴竹居」の名建築を見にT設計室で
昨日京都へ行ってきました。

ここのところ変な天気で前後雨に囲まれていましたが、
ありがたいことに、昨日は雲一つない晴天。
普段のおこないでしょうか。 (失礼致しました。)
雨が全てをさらって新緑が息をのむほど綺麗でした。

f0192926_13144272.jpg
「聴竹居」は昭和3年に藤井厚二に建てられた実験住宅です。
当の本人は実験などとは思ってはいないでしょうが、家の設計から
家具から時計からすべて自身のデザインで設計されていました。細かい。
※残念ながら写真は掲載してはいけないというお約束なのであしからず。。泣
お庭にいた鳥の写真でご勘弁を。

「日本にあった住宅」を勉強していた藤井さんの、細かな設計と家の工夫は、
当時ではとても最先端なもので、昭和3年といえば82年前ですがかなりモダン、
ブルーノ・タウトが見学に訪れたと記述されていますが、おかげで
理解が難しく同時はあまり注目されなかったそうです。

当時にはかなりハイテクな、オール電化住宅で
氷の冷蔵庫の時代にも関わらず電気の冷蔵庫がはめ込まれていました。
スイス製の冷蔵庫を取り寄せ、船が遅れ家の竣工が「冷蔵庫待ち」だったという逸話も。

実験住宅5棟のうち唯一残っている住宅ですが
指定文化財に登録されれば府が管理してくれますが、
されていなのでボランティアの方が管理しています。
突然「ウィーンウィーン」と庭の大木をチェーンソーで切り始めました。
この生い茂った木々も聴竹居の景色のひとつなのでは!
そんなに簡単に切っていいのかしら・・・
聞いてみると、住宅が建った時の植栽は当時植えた1本の紅葉だけ。
今では鳥が運んで芽吹いた木々たちに覆われ
綺麗なようだけど、あまりに木に覆われると風が運ばれず
木が腐ったりさまざまな弊害が出てくるので、適度に木ってあげないと
保てないんだよと教えてくれました。


京都は盆地で夏ずいぶん厚くなりますから、夏の建物ですね。
家の中はずいぶん涼しい。というか寒い!
1mの庇が、夏の強い日差しを遮ります。地下の土管に繋がる
地面の涼しい風を取り入れる地下の筒は冷たい風を家に運びます。
パッシブな家でした。
一刻も早く指定文化財になって管理でずっと残していきたい建物だと思います。

長くなったので四君子苑は改めて記事にします。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

T設計室一級建築士事務所ホームページ

建築家が建て主のパートナーとなり職人とつくる家づくり・分離発注方式
◇毎週末木の家無料相談会開催しています。
>>その他イベント情報はこちら

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記
静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

●静岡県の建築設計事務所
T設計室一級建築士事務所の設計活動範囲 現場まで自動車2時間の範囲ならOK!
静岡県・静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市
・岡部町・大井川町・吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・
浜松市(北区・西区・中区・南区)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by k-sanpo | 2010-04-26 11:59 | 日本の建築
ハワイ挙式に参列してきました。
先週少しお休みをいただき、友達のハワイ挙式に参列してきました。

f0192926_9322440.jpg
ハワイのホノルルは30℃ほど。日差しがすさまじいです。でも木々の木陰や一日中吹いている
風が熱さを感じさせません。


f0192926_9361695.jpg
どーん。さすがハワイ。エッグスシングのでっかいパンケーキは有名ですね。というより
観光の本に載っているので日本人しかいません笑 一人で食べきれない大きさです。でも美味しい!
ハワイの観光都市に行くと日本人、日本人、日本人、、、ハワイ語でなく日本語の方が耳に入ってきます。


f0192926_9415183.jpgf0192926_947426.jpg
ハワイの自転車置き場です。どれが自転車置き場でしょうか。よく見ると真ん中にタイヤのない
自転車型のパイプがあります。このパイプにチェーンで繋いでいます。おもしろい。

日本では工事とかビルのメンテナンスなどはみんなが寝静まった夜にやりますが、
ハワイはお構いなし昼にやります。というより朝が早く、夜は残業しないということかもしれません。
10時までといったら10時まで。飲食店でも9:40に入ろうが10時には椅子をあげて掃除が始まります。

海に囲まれた島ですから、沖縄と同じように建物はコンクリ、石積みです。建設中の
ものがありましたが、なんだかとてもアナログ。窓は木枠で型取り、一つ一つブロックを積んでいきます。


f0192926_10121680.jpgf0192926_1041489.jpg
f0192926_1061849.jpg
ハワイを代表する花「プルメリア」。髪飾りや、首にかけるレイによく使われます。青空が似合いますね。
私は海が苦手ですが、ハワイといったら海でしょうという事で、海の底を歩くシーウォークや
シュノーケリングなどのマリン遊びをみんなで堪能してきました。山に海にすばらしい街です。


f0192926_9583327.jpg
ビーチを背にしての結婚式。友達の結婚式に参列したのが初めてだったので
初っぱなから号泣号泣。両親へあてた花嫁さんの感謝の手紙、花嫁さんへあてた新郎さんからの
サプライズの手紙、どんだけ泣かすんでしょう。参列者でもこんなですから
本人達は一生忘れられない結婚式になったんではないでしょうか。

すっかりハワイが大好きになった私です。
今ハワイは朝がたの5時ごろ。頭が寝ています。これが時差ぼけというやつでしょうか。
[PR]
by k-sanpo | 2009-11-09 09:29 |  ・旅
ひまわりの種のお菓子
先週、現場が落ち着いている間を見計らって、所長が弾丸ツアーで韓国に探検に行き、
今日は、沢山の写真とお話のお土産にいただきました。

→韓国 安東旅行
→心温まるバス

リュ・シウォンの親戚がある村に宿泊したということで韓流マニアにはたまらない
探検ですが、安東の河回村の朝焼けの村の風景は写真で見てもとても綺麗でした。

また現地のお土産に頂いたのは、韓国で良く使われている牛肉のダシ
「牛肉タシダ」とひまわりの種のお菓子。牛肉のダシだ!みたいですが、
韓国料理に万能なダシのようです◎

f0192926_16115414.jpg
f0192926_1612584.jpgf0192926_16121386.jpg
ひまわりの種のお菓子美味しい!ちょっと塩気の効いたチョコが
コーティングされてぱくぱく手が止まりません。現地の子もよくたべるようです。
タシダを使って何つくろう。寒くなってきたのでキムチチゲのダシに入れてみようかしら。
でも裏の料理説明の一番下の壷の絵はどういう意味なんだろう?
キムチの味付け?
料理が楽しみです◎所長ありがとうございました◎

-----------------------------------------------------------------------------------
●静岡県の建築設計事務所
T設計室一級建築士事務所ホームページ詳しい事はこちらからどうぞ
11月は建築相談セミナー「顔の見える家づくり」を開催します。
11月1日(日)グランシップ会議室13時30分~
どなたでもご参加できますので、お気軽にお問い合わせください♪(参加無料です)
イベント情報はこちらをご覧下さい

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・・楽しい家づくり
来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記
静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

【T設計室一級建築士事務所の設計活動】
静岡県・静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・
大井川町・吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区)
[PR]
by k-sanpo | 2009-10-26 16:18 | ・おいしいもの
富士山 富士宮口5合目に行って来ました。
世界遺産登録の取り組みのせいか、年々富士登山者数が増え今年も去年の登山者数を
大幅に上回っているようですね。
私は一度も登ったことがないのですが、ご来光に合わせてみんなが出発するため
いつも通りにご来光に合わせて出発しても人渋滞でて頂上に行けないまま
日があがっちゃった!という現象が起きているそうです。

少し前ですが富士山の富士宮口5合目に行って来ました。思いっきり曇りの天候でしたが強行決行。
途中「白糸の滝」に寄り、富士山への道に入ると霧に覆われなんだか幻の世界でした。
車道も3m先が見えません。
5合目は19℃ぐらいでしょうか。下界の暑さから開放されてとても心地よかったです。

f0192926_1652851.jpg
白糸の滝 マイナスイオンたっぷり。


f0192926_1653995.jpg
雲の上。仙人になったような気分でした。


f0192926_1654825.jpg
富士山頂上を眺める。


来年は富士登山に挑戦したいです◎(ケータイ写真により画像が荒くてすみません。)

--------------------------------------------------------------------------------
>>T設計室一級建築士事務のHPはこちら
何かご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい◎
電話でのお問い合わせ054−354−0182

■6月~8月  T設計室にて無料個別相談会を行っています。
家についての疑問、家づくりのはじめ方、分離発注での家づくりって?など、
普段感じている小さなご質問から設計事務所に聞いてみたい質問にT設計室がお答えします!
ご希望の方はご希望の日時をご予約の上、来社ください。(土日祭可)
→問い合わせはこちら

今年は牛年です。
『牛はゆっくり牛歩でもよい 牛は着実に千里の道も 必ず踏破する』

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・楽しい家づくり
来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。


[PR]
by k-sanpo | 2009-07-16 16:08 | ・旅
山梨にさくらんぼ狩りにいってきました◎
土曜日に山梨南アルプス市のくぬぎ観光農園にさくらんぼ狩りにいってきました。
初さくらんぼ狩り。さくらんぼってどうやってなってるんだろう???100個は食べるぞー!

f0192926_11453966.jpg
こんなに目の前に沢山ぶらさがっているなんて!
宝石みたいにつやつやです。甘いしおいしぃ~。
さくらんぼをむしゃむしゃ食べれるなんて幸せです。

f0192926_11493749.jpg

しかし、一緒に行った友達は毎年行っているベテラン勢。
初めての人が登り担当というしきたりが我がグループにはあるようで
初めての私は、わっせわっせ収穫担当。
上になっている方が甘いんだー!と手を伸ばすのですがなんせ木が高いので
上の真っ赤なさくらんぼにはありつけず・・・赤いのたべたい。

f0192926_11511859.jpg

こんな四つ子もいっぱいなっていました◎

f0192926_11532688.jpg

こんなかんじで脚立にのぼって採ります。
脚立にかぎりがあるので脚立争奪戦です。

f0192926_1153427.jpg

40分終了ー。40分なんてあっという間でもっと食べたかったですが
結構お腹いっぱいになりました。50個はゆうに食べたでしょうか。
楽しかったです♪

--------------------------------------------------------------------------------
>>T設計室一級建築士事務のHPはこちら
何かご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい◎
電話でのお問い合わせ054−354−0182

■6月~8月  T設計室にて無料個別相談会を行っています。
家についての疑問、家づくりのはじめ方、分離発注での家づくりって?など、
普段感じている小さなご質問から設計事務所に聞いてみたい質問にT設計室がお答えします!
ご希望の方はご希望の日時をご予約の上、来社ください。(土日祭可)
→問い合わせはこちら

今年は牛年です。
『牛はゆっくり牛歩でもよい 牛は着実に千里の道も 必ず踏破する』

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・楽しい家づくり
来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。


[PR]
by k-sanpo | 2009-06-15 11:57 |  ・旅
沖縄旅行その3
そういえば、島袋さんが「沖縄の人は寒がりだから冬はコタツに入りますよ。」
と言っていた。その光景もいつか見てみたい。

さて、沖縄旅行最終日は神の島、「久高島」へ訪れた。
久高島は、世界遺産の斎場御獄より望む島の遠景で沖縄県知念村にある離島、島全体で一字を形成しています。
周囲約8キロメートル。南北に細長く、島の北側は神の領域、集落は南端のわずかな所に集中しています。
琉球の祖神アマミキヨが初めて降り立った場所、そして、五穀が初めてもたらされた場所とされ、
数多くの神話が祭りの中で伝えられています。

f0192926_0584654.jpg
f0192926_0593441.jpgf0192926_05948100.jpg f0192926_103584.jpg


f0192926_105032.jpg


ひたすらレンタル自転車で走った。
東海岸側沿いにつづく一本道を北へと向かったが、すれ違うのは、観光客ばかり。
島の人にはほとんど出会わない。不思議な感覚、本当に肌で感じる空気が違う。
何と言えばいいのか、その時の空気を言葉では説明できない。神の領域という一言である。

道の先は最も神聖な場所へと続いていた。
立ち入るではない、とどこかから聞こえてきそうで少し鳥肌が立ちそうだ。

沖縄だー!という旅行スタンスで行ってしまった自分の気持ちが
島を汚してしまうんではないかと、申し訳ない気持ちで一杯になった。

f0192926_10191923.jpg
f0192926_10194656.jpgf0192926_10195756.jpg

久高島には自然しかないような紹介になってしまったが、自然そのものが信仰の対象であり、
自然、祖先への祈り、感謝が日常のごとく行われている。もっともっと沢山の見所がある。
しかし、観光地化してしまうのは絶対に避けたい。ずっとずっとこの島を守って生きたいと思う。
エメラルドグリーンの海はこの神聖な島を守っている様だった。


私が初めて沖縄に来たのは3年前の3月はじめ小雨が降っていた。
友達と行ったがお互い車の運転が出来ず、国際通りをうろうろしほぼ「お土産の旅」になってしまった。
それでも楽しかったが、沖縄通の人に出会うと「何しにいったんだ!」と怒られる。
2回目の今回は少しは沖縄を知ることが出来たと思う。

どこに行っても緑が濃く、生い々しく茂りエネルギーに満ちていて、赤やピンクの色が鮮やかに
心が優しくなる。どうかずっと強く優しい国であってほしい。
[PR]
by k-sanpo | 2008-12-03 21:47 | ・旅
沖縄旅行その2
沖縄旅行2日目は世界遺産「今帰仁村城跡(なきじんむらぐすくあと)」へ向かった。
写真を見るとどこか海外のようである。
なんといっても沖縄は地名の読み方が独特で、道を走っていてもたいていの地名は読めない。
今帰仁村城はかつて、攻めても倒せないといわれた強硬な城だった様で
その石積みが風景を造り、石のはずなのにとてもやわらかい雰囲気。

最初に見える平朗門を抜けると両脇に緋寒桜の木が並んでおり、
どうやら1月中旬頃には満開になり、城がライトアップされ皆が訪れるらしい。
目線の位置に咲き乱れる道はさぞきれいなはずと思いをはせながら、また来れる事を願う。

馬調教の場、女性達が炊事をしていた場、住居があった場、崇拝の場、
それぞれがなだらかに分かれており、特に住居があった場からの眺めは息を呑みます。

f0192926_1391215.jpgf0192926_11541485.jpg
f0192926_11543578.jpg


今帰仁城跡の近くにある象設計集団設計の今帰仁中央公民館を見学する。
摩訶不思議な公民館であるが、ブーゲンビレアのピンクがよく似合う。
屋根にブーゲンビレアが上っていく予定だったらしいがうまくない。

f0192926_1329213.jpg
f0192926_13294196.jpgf0192926_1329589.jpg


沖縄は猫ものんびり気持ちよさそうで、寝ているのは公民館の日時計のど真ん中。
これぞ沖縄時間なのだ。

f0192926_13382534.jpg


東シナ海側から太平洋側へ抜け、東村にある慶佐次(げさし)ヒルギ林のマングローブでカヌーに挑戦。
初挑戦にて海ぽちゃしないか心配だったが、漕ぎ方のレクチャーを受けた後
漕ぎ出したら意外にいける。海水をごくごく飲んでいるかの様に
ヤエヤマヒルギが無数の根っこを伸ばし、そこにはミナミトビハゼ、カニ
マングローブの生き物が静かに過している。

海側と川側(海水と淡水)では植物が違ってくる。どうやら水に含む塩の量で育つ植物が違うそう。
また、ヒルギの足のような根っこは倒れない様にバランスもとっているとか笑
やんばる自然塾の島袋さんにいろんな質問をしながらマングローブを堪能。
あ〜楽しか...

「さー!海へ行きましょう!」

!!漕ぎ慣れたところで太平洋へといくらしい!
急な大海原旅行。波が!ナミガ~!岩にざぼんざぼんと打ちつける。

「さー!この岩と岩の間を抜けましょう!」

ひひー!まるで試験である。下には岩がごつごつしており、そこにはまると座礁する。
是非この大海原旅行を写真に納めたかったが、落とす&びしゃびしゃになる可能性が、、
とのことでなくなく諦めたカメラ。大正解であった。

f0192926_0164484.jpgf0192926_0165766.jpg

お世話になった真っ黒に焼けた島袋さんありがとうございます。
最後には家庭のお菓子サーターアンダギー、
パイナップル、スターフルーツ等でおもてなしいただき
最後には三線での「おじー自慢のオリオンビール♪」生演奏で見送っていただいた。
沖縄の人たちの温かさに触れた忘れられない1日となった。
[PR]
by k-sanpo | 2008-12-03 11:54 | ・旅
沖縄旅行その1
11月の連休ではありますが、沖縄に旅立ちました。
当初は上高地の予定が、シーズンオフに入ってしまったため急遽沖縄へ変更。

幸運にも最高の天気。冬から夏へのタイムスリップに戸惑う。気候は25度ほど。
ダウンジャケットから一気にTシャツへ。
一番に降り立ったのは那覇の「首里金武町の石畳」。
16世紀王朝のころに造られた琉球石灰石そ敷き詰めた石畳の坂です。
少し急な部分もあり息切れしながらも、両脇にある赤瓦の家が沖縄を感じさせます。

f0192926_10431239.jpg
f0192926_10434362.jpgf0192926_10441739.jpgf0192926_10455656.jpg


お腹が減っては戦ができぬ、と早速「沖縄すば(そば)」をいただく。
「御殿山(うどぅんやま)」は築130年の家。夏の台風40~60mにも絶えており
コンクリートではない木造の創りは風情がある。晴天の中の沖縄すばは美味しい。
なおお肌にも美味しい。

f0192926_1152887.jpg
f0192926_11102731.jpg


一度行ってみたかった本島北部「ちゅら海水族館」は海の本場!と言わんばかりに魚の種類が半端ない。
なんといっても海に面しているため、天然の海水と光の中の魚達はゆっくりのんびり、忙しさなど知らないようである。

f0192926_11214286.jpg
f0192926_11404215.jpgf0192926_11141690.jpg
f0192926_11142646.jpg

ちゅら海水族館の少し北にある、フクギの大木を防風林に使っている集落は
独特な雰囲気を醸し出していて、そこをぬけた「備瀬崎」という海で
素晴らしい風景に出会った。とにかくどこに行っても景色が壮大である。
[PR]
by k-sanpo | 2008-12-03 10:45 | ・旅