<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
食器を買うときは手で決める
素敵な本のご紹介です☆

f0192926_10164062.jpg


f0192926_10182692.jpg


f0192926_10183314.jpg
▲自分の「咫」の測り方

「食器の買い方選び方」秋岡芳夫

器は手で選ぶ。

手ははかり。

手は温度計。

手は器。

手は道具。

手は目。

私たちの手の中には、昔からの知恵が沢山詰まっています。


【箸一咫半(はしひとあたはん)】という言葉があります。

自分に合った箸の長さは、自分の「咫」プラス半分の長さがちょうどいい、

という箸を選ぶ時の、古代日本からの知恵です。

「咫」とは、掌を机につけて、人差し指と親指を直角に開いたときの

親指の先から人差し指の先の長さ。咫は自分の身長の10分の1と言われています。

私は身長が167センチですので、測ったら16.3センチ。あれ身長縮んだかな・・・・笑

開き具合や、定規の当て方で多少の誤差はあるものの、ほぼ10分の1。面白いですね。


かつての日本人の手は

「己ノ手ノ程ニ適フコト、コロアヒ」を

あぁ、美しいと感じ、自分の手に自分の物差しや感覚をもって

1人1人が自分に丁度いい箸をもっていたといいます。

確かに、子供は小さい箸、お父さんは大きな箸、お母さんはお父さんより小さい箸、

私の家もそうでした。これは日本独自の美的感覚だそうです。

手に丁度いい湯呑をもつ、お椀を持つ。「夫婦箸」「夫婦茶碗」、

全員が違う大きさと好みの、色柄・素材・長さ・重さで・食事をしていました。

手頃さと不揃いの美が、食卓を彩り、家族の食事をより一層

美味くしてくれた、日本伝統の道具観ですね。


今は、「あー超可愛い」とか「安いー」とかで、買う事が増えました。

手で感じて買う事なんかめったにない気がします。


住宅も同じ、無垢の木、自然素材、目でなく手で選びたい。

無垢の木を扱う、大工さんや家具職人、設計士は、必ず手で触ります。

「ここ、もう少し削ろう」とか「丁度いいね」とか、パソコンでなく機械でもなく

その人の手が感じるものさしや手業で無垢の木の家が出来上がっていきます。

永く愛着がある家は、10年経っても手で触れてよかったと思える、本物の素材の家です。

なんだか、この本を読んでハッっとしました。是非一度読んでみてください☆

目からうろこですよ。






T設計室一級建築士事務所プロフィール
主な仕事_完成写真集

twitter(T設計室)
twitter(スタッフ杉山)
facebook
T設計室blog


ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by k-sanpo | 2012-02-14 10:18 |  ・いい本
打ち合わせコーナー、リニューアル!
T設計室、打ち合わせコーナーリニューアルのご案内☆

f0192926_9474372.jpg
▲断熱改修、床板改修、ドア改修、いい感じです

f0192926_951643.jpg
▲玄関も木製引き戸になり、ご挨拶しやすくなりました

年末から改修していた、事務所がついに完成しました!

改めて、リニューアルオープンです☆

事務所に広い打ち合わせコーナーもでき、暖かく、お話ししやすくなりました。



床は無垢の杉板、玄関はガラリ戸・ガラス戸・障子の引込の木製建具になっています。

→改修の様子はこちら

T設計室が得意とする、現代和風の雰囲気をその場で体感していただけますので、

お近くをお通りの際は、ぜひのぞいていってくださいね☆


▼現代和風の家、施工事例
【新築】湖西市鷲津の家
【改修】清水区南矢部の家


→T設計室の紹介、アクセスはこちら




T設計室一級建築士事務所プロフィール
主な仕事_完成写真集

twitter(T設計室)
twitter(スタッフ杉山)
facebook
T設計室blog


ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by k-sanpo | 2012-02-13 10:14 | 事務所紹介
わたしの周辺温度、測定隊!
温度と健康と暮らし。

女性は体を冷やすのが一番よくないといいますね。

家の中って結構温度差激しいんです。

高齢者に多い血行障害は、単に寒さでなく暖かいところから

寒いところに出た時の温度差のヒートショックも一つの原因となります。

家の中で裸になるときが一番危ないんですねー。

震災が起きて電気やガスが止まっても老若男女平均で15℃を切らないように

保ちましょうというのが指針。


自分の周りがどれだけ温度変化があるのか!ということで

データロガーという温度測定器を

首からぶら下げて一日過ごしてみました。

f0192926_957212.jpg


赤い線が室内温度の変化、黒い線が外気温の変化

2月2日の夕方16:00から3日の朝9時までの測定です。

静岡って暖かいし、冬もそんなに変わんないんじゃないの?

と思ったらどっこい、2月3日の朝方6時半、外気温は最低-6℃、家の中の最低温度は8.2℃。(静岡市葵区)

とあるポイントで最高23.4℃も一気に下がるところがありました。

いつでしょうか???


朝4:30~6:00ごろの朝方のトイレタイムです。

これを魔の朝五時と言います。

朝方4:30頃から10℃を切って朝活動する6:30ころでもまだ下がっていますねー。

布団の中(33℃)→トイレ(9.6℃)へと

朝方トイレに起きた時(今回はトイレ温度を測定してないので仮に寝室温度で)

一瞬にして23.4℃もの温度差の中で裸になることになります。

この温度差が、心臓発作などの引き金、ヒートショックになると言われています。


今からできることは、

薪ストーブを置く、蓄熱暖房器を置く、服を一枚着る、スリッパをはく

暖かい空気と冷たい空気のムラをなくすために扇風機を回す、

窓を性能の高いものに交換するなど、

家に合わせて、エネルギーを自給できる対策が効果的です。




T設計室一級建築士事務所プロフィール
主な仕事_完成写真集

twitter(T設計室)
twitter(スタッフ杉山)
facebook
T設計室blog


ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by k-sanpo | 2012-02-08 12:56 | 家づくり