カテゴリ:日本の建築( 6 )
小雨ふる大徳寺・弧蓬庵
先月、会社のみんなで京都の大徳寺・弧蓬庵、四君子苑、北山めぐりへ行ってきました。

紅葉にはまだ早く、少し肌寒い季節。

日本庭園を見るには、晴れた日より雨が降った後の方が、

石が濡れて良い表情が出ると、建築家の竹原義二さんから聞き、

あいにくの小雨、されどありがたい小雨。

f0192926_11183647.jpg
▲大徳寺・弧蓬庵 残念ながら写真はここまで

今回は5年ぶりの特別公開!貴重な機会に足を運ぶことができました。

弧蓬庵は大徳寺の西橋に位置する塔頭で、小堀遠州が、父の菩提を弔うための菩提寺として

約400年前に建てられたそうです。一度火災によって焼失していますが、そくり復元されて建てられたのが

今の弧蓬庵です。写真撮影は禁止なので、お伝えできませんが、

枯山水、松竹梅の描かれた絢爛豪華な襖絵、諸大名が眺めたであろう一本松、

一隻の船をみたてた庭園、デザインされた押さえ縁、延べ段、んー豪華。


お昼は岸 和郎さん設計の「和久傳」でお昼。生麩の佃煮に感動。

孤蓬庵の雰囲気に浸ったまま、10席しかないカウンタ席には、焼き物の炭の暖かさや湯気が直接届く。

なんて贅沢なひととき。


そしてその後は去年に続き、北村美術館・四君子苑へ。

f0192926_1441237.jpg

昨年のレポート

今回で訪問3度目のマニアになりつつありますが、毎回違う景色に

相変わらずうっとりしてしまいます。孤蓬庵の絢爛豪華な美しさとは違う美しさです。

日本の美味しいごはんと光と影の美、をまたまた感じた京都建築巡りでした。

f0192926_1444225.jpgf0192926_14441629.jpg
f0192926_14442887.jpgf0192926_14443229.jpg

▲陶板名画の庭



T設計室一級建築士事務所プロフィール
主な仕事_完成写真集

twitter(T設計室)
twitter(スタッフ杉山)
facebook
T設計室blog


ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by k-sanpo | 2011-11-16 15:03 | 日本の建築
家守りのおかあさん
f0192926_11405472.jpg

先日、静岡市清水区中河内に出掛けた際、素敵な日本家屋に出会いました。

中河内は清水から車で30分ほど北にのぼるとある町。

昔から住み継がれてきた築60~100年の日本家屋の風景がたくさん残っています。

f0192926_11411553.jpgf0192926_11412286.jpg

当日は汗がじわっと出る晴れた日でしたが、土間先に入ると

スーッと涼しい、風が頬をなでてくれます。

その昔、土間は雨の日の農作業や、畑仕事で泥だらけになった格好で

食事をするため土足で土間まで行けるために必要な場所でした。

そこでは椅子のような高さの座敷の框に土足のまま腰をチョコットかけて

話すのがお決まりです。靴を履いたままだと、外の人も家に入りやすく、

外の人とな中の人のグレーな空間だった土間には、お札や布袋さま

神様が沢山います。長い時間が凝縮されてお札につまっているところです。


f0192926_11531319.jpg
お母さんが毎日磨いている敷居はつやっつや。

特別なにか掃除法がある訳でもなく、お母さんの毎日々の雑巾がけが

60年経った無垢の木と家を守っているそうです。

f0192926_11565937.jpgf0192926_13161137.jpg
ツバメも一緒に暮らす。私が小さい頃はまたこのような風景沢山見ましたね。

縁側などは知らない人が座っていても

「雨宿りでね、軒下貸してください。」と普段の会話があれば問題のなかった場所。

近所づきあいの延長なのです。「人は一人じゃ生きられない。お互いさまで生きている」

昔からの家守りの知恵が沢山つまっています。

f0192926_1310145.jpgf0192926_13102012.jpg
f0192926_13102844.jpgf0192926_13103838.jpg





T設計室一級建築士事務所プロフィール
主な仕事_完成写真集

twitter(T設計室)
twitter(スタッフ杉山)
facebook
T設計室blog



・6月18日(土)は家づくり教室 「分離発注(CM)方式)\、長期優良住宅、補助金等で
賢い家づくり」/グランシップにて
・6月26(日)は家づくり教室 「素敵な我が家の原価はいくらか」/T設計室にて
・7月9(土)・10日(日)は家づくり教室 「素敵な我が家(素案)をつくってみよう」/T設計室にて


毎週土・日は家づくり相談日&コートハウス見学会


ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by k-sanpo | 2011-06-16 11:37 | 日本の建築
2010都市木造 ティンバライズ建築展搬出のお手伝い
f0192926_13143443.jpg
都市木造をつくろうとはじまった『Timberize(チーム ティンバライズ)
先日まで静岡駅南の科学館るくるで開催していた静岡展の搬出のお手伝いをしてきました。

2010年5月には南青山のスパイラルで開催したのち静岡で開催。(2010/7/24~8/1)
木を新しい材料として捉え、木を使った新しい商業建築を
つくりだそうというチームティンバライズのプロジェクトです。

f0192926_13141225.jpg






日本の木造建築の歴史。
かつてから日本には材木資源が豊富にあり
大きな社寺建築や京都の町屋など歴史的な建物が
多く残されていますが、木造の大きな建物は火災に弱いという点から、
造っちゃいけないよー!という決まりが1950年にできました。
その間、小規模な木造住宅だけはつくられていました。

そこで一度木造の歴史が止まったものの、
構造や防火技術、木質材料の進歩によって、2000年に
そいういった決まりがなくなり、技術が追い付けば、
どこでもどんな建物でも建てていいよ!ということになっているのです。

でも、50年を簡単に埋めることはなかなか難しい。
代々山を守ってきた人や、継がれてきた大工の熟練技術や伝統を
すべて取り戻すのは難しいかもしれません。

それを、現代の新しい技術で新しい木の使い方をしてみようよ!
ということではじまったティンバライズの活動。
展示会では各プロジェクトごとの模型や、木造原寸のモックアップや、ベンチ、
構造材は迫力満点。構造、防火をクリアしつつ、木造建築の可能性が広がっていきます。
静岡の街に木造の建物が建つ日も遠くないか!
どうなっていくのか気になるところです。


f0192926_1730415.jpg
たくさんの木に囲まれニヤニヤしているわたし。

f0192926_13145433.jpgf0192926_1315426.jpg


次の巡回展予定地は名古屋とか。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

f0192926_13542429.jpgnew 【木の家づくりセミナーのご案内】
「建築費削減システムで建てる家づくりセミナー」
より良い家をより安く、建築費削減システムで中間経費を省き
コストを抑えた賢い家づくり。
日時:平成22年9月11日(土)
    13:30~15:30(開場は13:00~)
場所:静岡グランシップ会議室905


newツイッター始めました!
http://twitter.com/@tsekkei_tom
たくさんフォローしてくださいね♪


f0192926_17141076.gif建築費削減システム(分離発注)でより良い家をより安く「夢を一緒にデザイン、叶う暮らし」
静岡の心地よい自然素材・無垢の木の家づくり
完成見学会・構造見学会・木の家セミナーなどイベント情報はこちらから

お問い合わせ、ご相談は下記よりお願いします◎ご相談は無料です。
T設計室一級建築士事務所

T設計室ぶろぐ
静岡(しぞーか)木組みの家


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by k-sanpo | 2010-08-03 13:16 | 日本の建築
二人の門出
今年のGWは天気もよく、どこか遊びにと楽しめたでしょうか◎
30度を超えた地域もあったみたいですね。雨が一度も降らなかったGWは25年ぶりだそうですね。


私は、親戚のお姉さんがご結婚ということで、和装の写真撮影を
行うというので見に行ってきました。きれいでした。


f0192926_9445833.jpg
着付けの先生をしていたおばさんが、二人の着付けをしていきます。
いや~、花嫁さん大変です。何重にも巻かれ、しかもこの晴天、暑そうです。が
美しいですね。うっとり。さばさばしたお姉さんですが、写真の中ではしっとりした女性です笑

場所は島田の大井神社で、花嫁さんの頭は「島田結い」とう伝統の結いです。
3年に一度開催される島田大祭(帯祭)の大名行列でも女性が再現したりします。


f0192926_9432664.jpgf0192926_9433764.jpg
みなもにうつる花嫁さん。


f0192926_9465349.jpgf0192926_94746.jpg
やはり結婚式は女性が主役。
資金がないとかで最近では結婚式を挙げない人が多いようですが、
やはり、花嫁さんのご両親や祖父祖母が二人の晴れ姿を一番喜んでいたように思います。

最後は、島田の蓬莱橋で撮影。全長一キロほどある木造の遊歩道をバックに。
通りゆく人が「きれいですね~」「おめでとうございます」とお祝いしてくれます。
私もいつか!撮影前には小食だった二人も、着物を脱いだ途端、ばくばくばくばくーーー!
掃除機のようにご飯を吸い込んでいました。お疲れ様でした。
そしてお姉さんお兄さんおめでとうございます。末長く仲良く◎

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

T設計室一級建築士事務所ホームページ

建築家が建て主のパートナーとなり職人とつくる家づくり・分離発注方式
◇毎週末木の家無料相談会開催しています。
>>その他イベント情報はこちら

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記
静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

●静岡県の建築設計事務所
T設計室一級建築士事務所の設計活動範囲 現場まで自動車2時間の範囲ならOK!
静岡県・静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市
・岡部町・大井川町・吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・
浜松市(北区・西区・中区・南区)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by k-sanpo | 2010-05-06 09:44 | 日本の建築
京都名建築 「聴竹居」と「四君子苑」見学①
京都の数寄者の名工 北村捨次郎が手掛けた「四君子苑」が春の特別公開に、
合わせて藤井厚二が手掛けた「聴竹居」の名建築を見にT設計室で
昨日京都へ行ってきました。

ここのところ変な天気で前後雨に囲まれていましたが、
ありがたいことに、昨日は雲一つない晴天。
普段のおこないでしょうか。 (失礼致しました。)
雨が全てをさらって新緑が息をのむほど綺麗でした。

f0192926_13144272.jpg
「聴竹居」は昭和3年に藤井厚二に建てられた実験住宅です。
当の本人は実験などとは思ってはいないでしょうが、家の設計から
家具から時計からすべて自身のデザインで設計されていました。細かい。
※残念ながら写真は掲載してはいけないというお約束なのであしからず。。泣
お庭にいた鳥の写真でご勘弁を。

「日本にあった住宅」を勉強していた藤井さんの、細かな設計と家の工夫は、
当時ではとても最先端なもので、昭和3年といえば82年前ですがかなりモダン、
ブルーノ・タウトが見学に訪れたと記述されていますが、おかげで
理解が難しく同時はあまり注目されなかったそうです。

当時にはかなりハイテクな、オール電化住宅で
氷の冷蔵庫の時代にも関わらず電気の冷蔵庫がはめ込まれていました。
スイス製の冷蔵庫を取り寄せ、船が遅れ家の竣工が「冷蔵庫待ち」だったという逸話も。

実験住宅5棟のうち唯一残っている住宅ですが
指定文化財に登録されれば府が管理してくれますが、
されていなのでボランティアの方が管理しています。
突然「ウィーンウィーン」と庭の大木をチェーンソーで切り始めました。
この生い茂った木々も聴竹居の景色のひとつなのでは!
そんなに簡単に切っていいのかしら・・・
聞いてみると、住宅が建った時の植栽は当時植えた1本の紅葉だけ。
今では鳥が運んで芽吹いた木々たちに覆われ
綺麗なようだけど、あまりに木に覆われると風が運ばれず
木が腐ったりさまざまな弊害が出てくるので、適度に木ってあげないと
保てないんだよと教えてくれました。


京都は盆地で夏ずいぶん厚くなりますから、夏の建物ですね。
家の中はずいぶん涼しい。というか寒い!
1mの庇が、夏の強い日差しを遮ります。地下の土管に繋がる
地面の涼しい風を取り入れる地下の筒は冷たい風を家に運びます。
パッシブな家でした。
一刻も早く指定文化財になって管理でずっと残していきたい建物だと思います。

長くなったので四君子苑は改めて記事にします。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

T設計室一級建築士事務所ホームページ

建築家が建て主のパートナーとなり職人とつくる家づくり・分離発注方式
◇毎週末木の家無料相談会開催しています。
>>その他イベント情報はこちら

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記
静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

●静岡県の建築設計事務所
T設計室一級建築士事務所の設計活動範囲 現場まで自動車2時間の範囲ならOK!
静岡県・静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市
・岡部町・大井川町・吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・
浜松市(北区・西区・中区・南区)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by k-sanpo | 2010-04-26 11:59 | 日本の建築
霧に包まれた明治神宮
先週末、一度も訪れたことのなかった明治神宮に行ってきました。

f0192926_1323618.jpg
明治神宮に日本語でなく中国語やら英語がとびかっていました。
観光マップに載っているのでしょうか。
日本人がいない!

「道をあけてくださ~い。」何やら警備員さんの合図。
白無垢 の花嫁さんが恥ずかしそうに歩いていきます。一生に一度の晴れ舞台ですね~。

ぱしゃぱしゃぱしゃぱしゃ!!ここぞとばかりに外国の方々が写真と動画!
日本人の私にも非日常の光景ですから、外国の方には
戦国時代に来たような感じでしょうか。

あいにく小雨の天気でしたが、明治神宮は霧に包まれ幻想的な雰囲気でした。
しかし広い。都会のど真ん中にあれだけの広さと自然があることに驚きます。
虫や小鳥の声が聞こえ、雨に濡れた葉がより一層緑を増しています。

-----------------------------------------------------------------------------------
T設計室一級建築士事務所ホームページ詳しい事はこちらからどうぞ
9月は建築相談セミナー「顔の見える家づくり」を開催します。
9月23日(水)グランシップ906号室13時30~
どなたでもご参加できますので、お気軽にお問い合わせください♪(参加無料です)
イベント情報はこちらをご覧下さい

家づくりについて、少しずつ実現してくる
あなただけの家・・楽しい家づくり
来てみませんか

静岡(しぞーか)木造り設計日記←現場の様子などT設計室の木造設計者の日記

静岡(しぞーか)木組みの家←木造・木の家の事・注文住宅の事を書いてます。

-----------------------------------------------------------------------------------
T設計室のフリーペーパー
■「てぃーせっけい通信」を置かせていただいている店舗

自然食(じねんじき) : http://www.mugihikigoya.com/jinenjiki/jinenjiki.html
   静岡市清水区堂林2-1-1 / TEL 054-353-7912  通信no.1掲載店

麦挽小屋 : http://www.mugihikigoya.com
   静岡市清水区八坂北1-6-1 / TEL 054-364-9973  通信no.2掲載店

陶工房KANa : http://www.wa.commufa.jp/~kana2002
   静岡市清水区有東坂5-16 / TEL 054-347-7781  通信no.3掲載店

SALLY BREAST(サリーブレスト) : http://www.sallybreast.com
   静岡県静岡市葵区相生町6-20中央ビル1F / TEL 054-245-9334
[PR]
by k-sanpo | 2009-09-14 13:08 | 日本の建築