T設計室で学ばせていただいたこと
私事ですが、2012年2月をもちまして、T設計室を退職いたしました。

お世話になりました皆さまへの感謝と報告も兼ねて、ブログを書かせていただきます。

これからも外部スタッフとしてブログは更新していきますので

これからも宜しくお願いいたします(^^)


T設計室に入り、たくさんの学びと思い出があります。

一つ一つまとめると何時間もかかりますので、少しにします(笑)

T設計室に入り、木のこと、山のこと、家のこと、沢山のことを教えて頂きました。

私たちが毎日食べているご飯や、触れている自然は、すべて山から始まっていること、

目からうろこがぽろり、と落ちたところから始まりました。

毎年、天竜の山に入り、実際に樹齢120年の木を伐倒する瞬間を体感させていただきました。

120年前に植林された木が、大事に管理され成長し、伐倒され、乾燥され、製材され、刻まれ、

熟練大工さんによって形になり、板金職、左官職、電気職、家具職、建具職、など、

多くの手業を経て私たちが住んでいる家になること。

静岡の気候にあった間取りと設計の工夫をもって

山で育った以上に長く、家になってからも無垢の木は生きてくれること。

日本は資源がないー!山に木がないー!と思っていたのに

日本は60%が森林で、木がたっくさんあったり。

思い込んでいたことと全然ちがって

近山の家づくりから教えてもらったことばかりでした。


かつて道もない山で植林し、大事に育ててきてくれたご先祖様がいるから、

わたしたちが無垢の家に住み、食卓で美味しいご飯を食べられることを

いつになっても感謝しなければいけないことです。



土・木・紙・布・石、の自然素材に包まれた家は、

子供がゴロンと寝転がっても、10年経っても手で触って

もっともっといいと思える、シンプルで心地いい住まいです。

所長や職人さん、木や自然素材や間取り、きこりさんや製材所、

お会いしたお施主さんやお客さんや子供たち、みなさまから

教えていただいた気がします。

またてぃーせっけい通信で取材やご協力していただいたみなさまとも

たくさんお話をさせていただき、大変感謝しています。

書ききれないので、ここまでにしておきます!

言葉がつたなくてうまく伝えられませんが、

お世話になりましたみなさま、ありがとうございました。

引き続き、ブログは更新していきますで

これからもよろしくお願いします。



昨年の秋よりはいりましたスタッフ宇都宮がまたブログで

家づくりをレポートしていきますので、そちらもよろしくお願いいたします(^^)


「T設計室スタッフブログ」
http://miketsekei.exblog.jp/


所長谷川の「静岡(しぞーか)の木組みの家」
http://tsekkei.exblog.jp/



T設計室一級建築士事務所プロフィール
主な仕事_完成写真集

twitter(T設計室)
twitter(スタッフ杉山)
facebook
T設計室blog


ブログのトップへ


---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by k-sanpo | 2012-03-07 17:19 | はじめまして/Profile
<< 家づくりは補助金を賢く上手に使おう 食器を買うときは手で決める >>